昭陵博物館

16年10月17日 分享到:

明の昭陵は、大峪山東麓に位置され、明の第12 位の皇帝である朱載垕と皇后の李氏、陳氏、李氏の夫婦合葬墓です。



明の昭陵の建物規制は、その独特な建築風格があり、平面配置が厳格で、工事は精密で、山の地勢に従って建てた完全な排水システムがあります。清の乾隆年間に、地面建物に対して大いにはずして小さく修繕をしたことがあり、1985 年に国家文化財局の許可により、明朝の遺跡に従って、明朝の風格によって全面的な復元性修築を行いました。祾恩殿内には、供物及び一皇帝三皇后の生涯略歴が陳列され、明の十三陵の中で、地面建物が最も完全でしか も代表性がある陵墓建物です。


北京市昌平区十三陵鎮
010 - 6076 3104


分享到:

热门文章
注目私達+

新浪微博

爱上昌平

微信

爱上昌平

微信

昌平旅游商城