定陵博物館

16年10月17日 分享到:

明の定陵は、北京市昌平区城北の8.2 キロメートルの所に位置され、明の第13 位の皇帝である朱翊鈞と二人の皇后の夫婦合葬陵墓です。万暦12 年(1584)11 月に建てられ、18 年(1590)6 月に竣工され、6年間に800 数万両の銀を使いました。泰昌元年(1620)10 月、神宗と孝端皇后を埋葬しました。



明の定陵は、新中国が成立した後、国務院の許可により計画的に考古発掘をした第1 基の古代皇帝陵で、その地下玄宮は、前、中、後、左、右の5 基の高くて大きい殿室から構成され、頂部は石のアーチで、総面積は1195 m2 で、出土文化財は3000件余りがあります。



華やかで神秘の地下宮殿、世に並ぶものがない文化財の宝は、世間の人に光がきらきらと美しい明朝社会の絵巻を展示して、今日の定陵はすでに国内外に人気がある深い文化内包を持つ有名な観光地になりました。



北京市昌平区十三陵鎮
010 - 6076 1424

分享到:

热门文章
注目私達+

新浪微博

爱上昌平

微信

爱上昌平

微信

昌平旅游商城