長陵博物館

16年10月17日 分享到:

北京昌平天寿山麓に位置され、明の十三陵のはじめ——長陵は、皇帝と皇后の陵墓です。長陵墓の主人――明成祖の朱棣は、中国古代の傑出した才知と計略の皇帝で、在位期間に北京に遷都し、封建の皇帝権力を象徴する紫禁城を建築し、「領土面積の広さは、漢唐より広い」という永楽の盛世時代を創設しました。長陵は、明の十三陵の中で一番早く建築し、規模が最も雄壮偉大で、保存が最も完全な陵墓です。長陵とその参照となるその他の12 基の帝陵は、体制完備で、規模広大の陵墓建物を構成して、明の十三陵を一つの全体として中国の古代帝陵の傑出した代表になるようにし、中国の伝統文化の豊富な内包を展示して、きわめて高い歴史と文化財の価値があります。長陵の建造は、明朝初期の帝陵建築制度と建築芸術の継続的な発展と完備を反映して、中国の帝陵建築史上で前の事業に続いて未来を開拓する重要な意味があります。




北京市昌平区十三陵鎮
010 - 6076 1888



分享到:

热门文章
注目私達+

新浪微博

爱上昌平

微信

爱上昌平

微信

昌平旅游商城