張各庄イチョウ林+崔村リンゴ摘み取り

16年11月17日 分享到:

昌平南邵鎮張各庄には北京最大の銀杏の森がある。10月中下旬になると、銀杏の葉は眩しい金色になり、枝に掛かり、地面に落ち、まるで世界を金色に染めるようだ。

昌平銀杏の森は京密引水渠の南岸の隣にあり、1000畝以上の面積を有する。80万を超える銀杏をもち、北京一番大きな銀杏栽培基地だ。

ここの銀杏は年齢が若いので、樹幹が短く、木葉が茂り、撮影にとても相応しい。


秋季は美しい、景色もあるし、果実もあるし。観光した後にはやはり果物狩りだ。そして秋の昌平といえば、一番有名なのはリンゴだ。


崔村鎮は「北京郊外のリンゴ第一鎮」と誇る。崔村鎮は半山地域にあり、優れる水や山の前の位置や天気条件のおかげで果物の品質も優れる。独特の環境優勢と先端的な果樹管理技術と組み合わせて育てた「紅富士」リンゴは、形が正しく、サイズが大きく、色も香も良く、味が濃く、糖分の量が多く、貯蔵に耐える。今、たまごより大きなリンゴが枝でかかっている。一番幸せなことといえば、友人や家族と一緒に、果樹の間で好きなものを狩ることほかならない!

 

注意事項:

1、「愛上昌平」サイトで購入した電子招待券を持つこと;

2、駐車場が無料で提供されること;

 

交通ルート:

ドライブ:京藏高速(北六環順義行き)高教園区出口⇒回昌路⇒南百路⇒張各庄

乗車:地下鉄昌平線南邵駅に着くと:

1. B1出口から出て、昌51系統を2駅乗り、張各庄村口で下車。

2. C2出口から出て、南向き半時間ぐらい歩いて張各庄に到着。

3. Cシリーズの出口から出て、タクシーで15元かかって張各庄に到着。

 

崔村鎮のリンゴ狩り:

電話番号:6072309413911698101

ドライブ:京藏高速(G6)昌平西関出口で高速道路から離れ、政府街⇒昌崔路香堂村路口を経由し東へ行けば到着する。

バス:856、昌60H63、郊103系統を乗り、香堂村で降りて東向き200メートルぐらい歩くと到着する。

 

 


分享到: